いつも見てくれてありがとうございます!コメントも凄く嬉しいです!!

【Dinkum】MelonLoaderを使った日本語化・リアルタイム翻訳のやり方

この記事ではDinkumの「日本語化」について紹介しています!

スポンサーリンク

 Dinkumの日本語化導入方法

  1. Dinkumを購入・インストール
  2. MelonLoaderをダウンロード・インストール
  3. XUnity.AutoTranslator-MelonModとTMP_Font_AssetBundlesをダウンロード
  4. XUnity.AutoTranslator-MelonModとTMP_Font_AssetBundlesを導入する
    ※XUnity.AutoTranslator-MelonModを導入時に一度ゲームを起動!
  5. ゲームを起動して確認する

Dinkumの日本語化・リアルタイム翻訳の方法についてご紹介していきます。
この方法はUnityで作成されたゲームであれば、他のゲームでも使用できる場合があります。

②から後は個別に導入方法がまとまっていますので、必要なものを開いて確認してみてください。
上から順番に見て導入すると楽かと思います!

注意

Modは不安定な部分も多いコンテンツです!
既存のセーブデータがある状態で導入する場合には、バックアップを取るなどしてから導入すると安心かと思います。


Dinkumの購入・インストール

SteamのDinkumストアページ
出典:Steam-Dinkumストアページ

Steamのストアで「Dinkum」を検索し、Dinkumのストアページからゲームを購入・インストールしましょう。

スポンサーリンク


 MelonLoaderを導入する

MelonLoaderのダウンロード
出典:MelonLoaderの公式wik

MelonLoaderの公式wikiから、MelonLoaderをダウンロード・インストールしていきましょう。
wiki内の「Automated Installation」という項目内の1にあるMelonLoader.Installer.exe.というリンクからダウンロードすることができます!

MelonLoaderの公式wikiへ


MelonLoaderをインストール

MelonLoaderのダウンロード

MelonLoaderをダウンロードすると「MelonLoader.Installer.exe」というファイルがダウンロードされているかと思います。
このMelonLoader.Installer.exeをダブルクリックして開き、中を設定していきます。


MelonLoaderのインストール設定

MelonLoaderのインストール方法

MelonLoader.Installer.exeを開いて下の方を見ると「Unity Game:」の横に「SELECT」という項目があるので、ここをクリックして “今回翻訳したいゲーム” を選択していきましょう。

MelonLoaderのインストール方法

SELECTをクリックするとファイルが開きますので、翻訳したいゲームがある場所を開いてゲームを指定していきます。
今回はDinkumですので「Dinkum.exe」を選択して「開く」を選択します。

Memo

【Windows-Steamゲームのデフォルトの保存場所】
Cドライブ → programfiles(×86) → steam → steamapps → common → Dinkum
※保存場所を変更している場合には、自分が指定している場所を開いて探してみてください!


インストールする

MelonLoaderのインストール方法

ゲームを選択すると一番初めにMelonLoader.Installer.exeを開いた時の画面に戻ってきますので、「SELECT」の横の項目を見て “翻訳したいゲームが指定されているか” 改めて確認してみましょう。
OKだったら、画面下にある「INSTALL」を選択するとインストールが始まります!

終わったら小さな画面が出るかと思いますので、OKして閉じておきましょう。
これでMelonLoaderのダウンロードが完了です!

スポンサーリンク


 XUnity.AutoTranslator-MelonModを導入する

XUnity.AutoTranslator-MelonModとは?

XUnity.AutoTranslator-MelonModは、ゲーム内で「リアルタイム翻訳」をするためのmodです。
数秒、英語が表示されてから日本語に変換されるという形になってくれるので、日本語化されていないゲームでも低ストレスでゲームを楽しむことができるのが魅力的なmodとなっています。

注意

XUnity.AutoTranslator-MelonModでは、Google翻訳から日本語翻訳の性能が良いことで有名なDeeplも使用することが可能です。
現在のところ、Dinkumでの日本語翻訳でDeeplを使用するとクラッシュしてしまうバグがあります。
ご使用を検討されている際にはご注意ください!


XUnity.AutoTranslator-MelonModをダウンロード

Git hub内のXUnity.AutoTranslator-MelonModページ
出典:Git hub XUnity.AutoTranslator-MelonMod

Git hubからXUnity.AutoTranslator-MelonModをダウンロードしていきます。
Git hub内のXUnity.AutoTranslator-MelonModページにある「Assets」の項目に「XUnity.AutoTranslator-MelonMod-5.1.0.zip」というものがあるのでこれをクリックしてダウンロードします。
※現在は、5.1.0が最新バージョンなので今回は5.1.0をダウンロードしました!

この後の解説でTMP_Font_AssetBundlesというフォントの導入をご紹介しますが、同じページ内でダウンロードできますので、使用する場合には一緒にダウンロードしておいてください。
Assets内一番上の項目の「TMP_Font_AssetBundles.zip」というものがフォントファイルです。

【Git hub】XUnity.AutoTranslator-MelonModページへ


ファイルの展開・解凍

XUnity.AutoTranslator-MelonModの導入方法

XUnity.AutoTranslator-MelonModをダウンロードすると「XUnity.AutoTranslator-MelonMod-5.1.0」というファイルがダウンロードされているかと思います。
これを右クリックから展開・解凍して中身を開いてみましょう。


ゲームフォルダへ入れる

XUnity.AutoTranslator-MelonModの導入方法

展開・解凍したフォルダを見てみると「Mods」と「UserLibs」という2種類のフォルダが入っています。
この2種類のフォルダをSteamゲームが保存されているフォルダ(今回はDinkumの入っているフォルダ)の中へ入れてください。
※ゲームフォルダの中に入れると既存のModsフォルダは上書きされ、UserLibsは先ほど移動してきたものが入る形になります。

2種類のフォルダを導入したら、一度ゲームを起動して終了しましょう。

Memo

【Windows-Steamゲームのデフォルトの保存場所】
Cドライブ → programfiles(×86) → steam → steamapps → common → Dinkum


設定する

次にゲームフォルダ内の一番上に「AutoTranslator」という項目が増えているのでここを開き、その中にある「Config.ini」をメモ帳などで開いて設定していきます。

変更点

①[General]
Language=ja
FromLanguage=en

②[Behaviour]
MaxCharactersPerTranslation=500

Config.iniを開いたら[General]と[Behaviour]の項目を変更していきます。

[General]の項目では「Language」の=の後を en から ja に変更。
「FromLanguage」の=の後を ja から en に変更してください!
[Behaviour]の項目では「MaxCharactersPerTranslation」の=の後を 200 から 500 へ変更しましょう。

設定が終わったら上書き保存しておきます。
これでリアルタイム翻訳の日本語化の設定などが完了しました!

スポンサーリンク


 フォントを導入する

XUnity.AutoTranslator-MelonModのみの導入だと文字化けなどがあったため、フォントを指定してDinkumを遊んでいます!


TMP_Font_AssetBundlesをダウンロード

Got hub内のTMP_Font_AssetBundlesページ
出典:Git hub TMP_Font_AssetBundles

Git hubからTMP_Font_AssetBundlesというフォントをダウンロードしていきます。
Git hub内のXUnity.AutoTranslator-MelonModページにある「Assets」の項目に「TMP_Font_AssetBundles.zip」というものがあるのでこれをクリックしてダウンロードします。
※XUnity.AutoTranslator-MelonModと一緒にダウンロードするのがおすすめです!


展開・解凍

TMP_Font_AssetBundlesの導入方法

TMP_Font_AssetBundlesをダウンロードすると「TMP_Font_AssetBundles.zip」というファイルがダウンロードされているかと思います。
これを右クリックから展開・解凍して中身を開いてみましょう。


ゲームフォルダへ入れる

TMP_Font_AssetBundlesの導入方法

展開したファイルを開いてみると「arialuni_sdf_u2018」と「arialuni_sdf_u2019」という2種類のファイルが入っています。
この2種類のファイルをSteamゲームが保存されているフォルダ(今回はDinkumの入っているフォルダ)の中へ入れてください。

Memo

【Windows-Steamゲームのデフォルトの保存場所】
Cドライブ → programfiles(×86) → steam → steamapps → common → Dinkum


設定する

TMP_Font_AssetBundlesの導入方法
変更点
[Behaviour]
OverrideFontTextMeshPro=arialuni_sdf_u2018
FallbackFontTextMeshPro=arialuni_sdf_u2019

2種類のファイルをゲームフォルダへ入れることが出来たら、ゲームフォルダ内の一番上にある「AutoTranslator」という項目を開きましょう。
AutoTranslator内にある「Config.ini」をメモ帳などで開いて設定していきます。

Config.iniを開いたら[Behaviour]の項目を見ていきましょう。
その中に「OverrideFontTextMeshPro」と「FallbackFontTextMeshPro」という項目があるので、それぞれに先ほどゲームフォルダへ入れた2種類のファイルの名前を入れていきます。

OverrideFontTextMeshProの=の後には「arialuni_sdf_u2018」
FallbackFontTextMeshProの=の後には「arialuni_sdf_u2019」と入力します。
ファイル名をコピペすると簡単ですよ。

入力出来たら上書き保存をしておきます。
これでフォントの指定が完了しました。

Memo

全ての導入が終わったら、一度ゲームを起動して確認してみてください!

所々、文脈がおかしい部分もありますが…想像力で何とかなる部分も多いです。
とても便利なツールですので、ぜひ活用してゲームを楽しんでみてください!!

Dinkum記事一覧へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。